ミャンマー連邦共和国は植物多様性が高い地域として知られているにも関わらず、その解明が遅れている地域の一つです。高知県立牧野植物園では、この未知なるミャンマーにおいて、植物相の解明と植物資源の探索を目的とした調査を、2000年よりミャンマー森林局と共同で開始しました。これまで採集した押し葉標本は30,000点以上になり、当園の標本室(MBK)に保管されています。また、さまざまな民族植物学的情報が蓄積されています。

Myanmar is known for its rich plant diversity due to the combination and interaction of geography, topography, climate, pattern of seasonal rainfall, presence of high mountains and major rivers. However, very little inventory-based botanical fieldwork has been undertaken. The Kochi Prefectural Makino Botanical Garden (MBK) started a joint research venture with the Forest Department (FD), Myanmar to unravel the plant diversity since 2000 under the MoU. So far, approximately 32,500 specimens have been collected in collaboration with international and local botanists.

ミャンマー維管束植物データベース

Myanmar Vascular Plants Database 

収集した押し葉標本のデータを登録したデータベースです。
The plants database is the records of collected specimens from Myanmar deposited in MBK. 

ミャンマー民族植物学データベース

Myanmar Ethnobotany Database 

ミャンマーで利用されている植物のデータベースです。
The database of plants used by local peoples in Myanmar.  

ナマタン国立公園植物目録

Taxonomic Enumeration of Natma Taung National Park

ミャンマー植物ガイドブック

Myanmar Wild Flowers Guidebook

News

ミャンマー維管束植物WEBサイト開設のお知らせ

この度、ミャンマー維管束植物を中心とするデータベースのWEBサイトを公開いたします。 植物園で研究の中核となる施設は、植物学のあらゆる分野の基礎資料である標本を管理・保管する標本室(ハーバリウム)で、現在約32万点の国内 […]

Read more

Photo Gallery

MENU
PAGE TOP